• きんちょうしたけど、うまくひけてよかったです。れんだんはおじぎをあわせるのがむずかしかったです。つぎはおともだちとひきたいです。(年長 女の子)
  • はっぴょうかいではきんちょうしたけど、じょうずにできました(小1 男の子)
  • ひくのがたのしかったです。(小2 男の子)
  • はっぴょう会の日におうちでなん回もなん回もれんしゅうしましたが、うまくひけなかったのでないてしまいました。でも、はっぴょう会のときには、うまくひけました。(小2 男の子)
  • はじめてのピアノのはっぴょう会で少しきんちょうしましたが、先生とれんだんした「時の踊り」は、リズムよく、まちがえずにひけたのが、うれしかったです。 こんどのはっぴょう会でもれんだんをしたいです。みんなにほめてもらったのがうれしかったです。(小2 女の子)
  • はじめはきんちょうしていて、ちょっと恥ずかしかったです。なぜかきんちょうのせいか、れんしゅうの時はうまくいったのに、発表会では三かしょも間違えてしまいました。だから、今度の発表会の前までは、もっとれんしゅうしたいです。ほかの人は、もっと、もっとじょうずだったので、このつぎは、たくさんれんしゅうして、むずかしいきょくを弾けるようになりたいです。(小3 女の子)
  • 少しまちがえたけど、たのしくひけて、よかったと思いました。またひきたいです。おばあちゃんが「去年よりむずかしいのをひけたね」と言ってくれました。ことしもたくさんれんしゅうして、もっとむずかしいきょくをひきたいです。まずは、今れん習しているテレマンのメヌエットをかんせいさせたいです。(小3 男の子)
  • いつもどおりの練習の時のようにできました。うれしかったです。発表会の日が近づくと、ドキドキ感・きんちょう感がありました。発表会が終わった後お母さんが「普段どおりにできてよかったね!」と言ってくれました。自分でもよくできたと思いました。次はもっとむずかしい曲を大きなぶたいでひいてみたいです!(小4 女の子)
  • きょ年は三かしょもまちがえてしまったので、だいじょうぶかなと思っていました。わたしの名前をよばれたときは、とてもきんちょうしてしまいましたが、きょくをひきはじめたら、全部まちがわずにひけて、とてもほっとしました。うれしかったです。わたしは来年のはっぴょう会では、「エリーゼのために」をひきたいです。(小4 女の子)
  • 二回目の発表会でした。練習は、3月くらいから始めていて、最初に選曲したのは「海の見える街」で、次に「マリオネット」を選びました。発表会まで、がんばって練習したので、本番では今までひいたなかで、一番上手にひけたと思いました(一カ所だけ、まちがえてしまったところがあるけれど・・・)。これからはもっといっぱい練習して、先生みたいに上手になって発表会に出てみんなが(すご〜い)と思うくらいの演奏をしてみたいです。これからもピアノがんばるぞー!!(小5 女の子)
  • みんな、本番に向けて、いっぱい練習をして、上手でした。なかに、2週間という短い間で、練習をしてきた子もいて、びっくりしました。ぼくもショパンのノクターンと千本桜をひきました。ノクターンが上手くできたと思いました。心がけたのは、ポコリタルダンドです。ひき終わった後、みんなから「すごい!!」と言われてよかったです。また発表会をやりたいです。(小5 男の子)
  • 今回の発表会は、連弾で先生といっしょにひきました。前日、練習をした時には間違えずに弾けたけど、本番はすごくきんちょうしてしまって、少し間違えました。でも、先生に「間違えても弾き続けて」と言われたのが頭に残っていて、失敗しても弾き続けることができました。失敗したところもあるけれど、去年よりむずかしい曲を弾いたので、自分がちょっとだけ成長したと実感できました。(小6 女の子)
  • 来年もトリをできるよう、精一杯練習をして、もっとレベルが上がった曲を演奏したいです!(小6 男の子)